タイムシェア型レンタルオフィスの広さという問題

###Site Name###

タイムシェアを行うレンタルオフィスにも、一定の広さが必要になります。
タイムシェア型のレンタルオフィスとは、かつては貸し机と呼ばれていたもので、事務所スペースにズラリと机(デスク)が並んでいて、そのデスクの一つ一つが時間帯で区切って貸し出される、というものです。従って、その事務所スペースの大小によって、そこに並べられるデスクの数が決まってくるわけです。



大きな事務所スペースであれば何十というデスクを並べることができますし、小さな事務所スベースであれば、並んでいるデスクの数はせいぜい10くらい、といった具合となります。各デスクには電話が設置されていて、最近ではパソコンも設置されている、あるいは別料金として使用することもできる、というようになっています。

つまりは、このデスクを、時間単位の料金で借りて事務所として利用することができる、というシステムなわけです。このタイムシェア型のレンタルオフィスは、一人で一つのデスクを借りて利用するという形態のみではなく、何人かのグループで並んだデスクを借りて利用する、ということもできるのです。


その場合には、事務所スペースの大小によってデスク数に違いが出てきますから、一定の人数のグループでこのタイムシェア型のレンタルオフィスを利用したいという場合には、その広さが問題になってくるわけです。つまり、グループによる利用の場合には、その人数分のデスクを確保できるだけのスペースを持ったタイムシェア型のレンタルオフィスである必要がある、ということになります。